むたいみちこのいきいきヒーリング

骨髄移植のその後

LINEで送る
Pocket

小さな身体で頑張る

 

5歳の女の子が再生不良貧血と診断され、投薬治療を始めました。
小さな身体のに強い薬は細胞にダメージを与えるばかり、
骨髄移植が検討されますが、彼女の血液は特殊なもので、適合するドナーが見つかりません。
唯一の望みは、彼女の母親の血液が適合率50%でした
もし、大きな拒絶反応が出たりしたら・・・と家族は悩みます。
でも、小さな身体で頑張る娘のために決断しました。
手術は無事に済み、後は経過を見るだけでした。

 

 

 

元気に退院

 

1ヶ月後、彼女は元気に退院できました。
なんの副作用も拒絶反応もなく、順調な回復をみせ、それは医師団も不思議に思うほどだったと聞いています。

私は彼女が入院した時からずっと、薬の副作用を消すエネルギー、拒絶反応を止めるエネルギーを送り続けてはいましたが、その結果かどうかはわかりません。

 

ただ、
本当に良かった。
と安堵するばかりです。

 

 

健康や病中病後のこと、その他なんでもご相談ください。

合言葉「いきいき」でお願い致します。

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

前の記事へ

次の記事へ

関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP